レンタル会議室の増加

レンタル会議室(貸会議室)を利用されたことがありますか?現在、全国には約1万室ものレンタル会議室が存在します。増加の背景には、再開発が相次いだ都心部で、長期にわたる景気低迷の末ビルが供給過剰となり、オフィスの空室率が上昇したことがあります。そこで、なんとか空室を有効的に埋められないかと画策した結果、椅子とテーブルが必要最低限揃っていれば比較的開業しやすいレンタル会議室が、次第に注目されるようになりました。実は、空室を時間貸しで回転よく運営したほうが、貸事務所として賃貸契約を結ぶよりも収益が見込まれるので、ビルを所有する不動産会社や広告代理店の副業から始まって、現在ではレンタル会議室専門の業者も存在しています。しかし、簡単に開業可能で運営も比較的簡単なのがメリットとはいえ、一体なぜ全国に1万室という数にまで普及したのでしょうか。それは、現代のビジネス形態の多様化にあるのではないでしょうか。企業といえば、基本的にはオフィスを構えて従業員を各部署に振り分け分業化しているイメージですが、現在ではオフィスがもっと簡略化され、会議室を持たない企業も増えています。また、情報通信システムの発展によりオフィスの箱物がなくてもビジネスが成立する時代ですから、自宅でも街中の喫茶店でも通信可能な場所があればどこでも仕事が出来るのです。では会議が必要な場合はどうするの?そのような時に役に立つのがレンタル会議室です。

 

[特集]
東京で貸会議室を探しているならこちらのサイトが便利です>>>貸会議室 東京

レンタル会議室の増加

ビジネスでのレンタル

先述した通り、現在会議室を持たないコンパクトな企業が増えています。それは経費削減という要素に加えて、オフィスが入っているビルそのもののセキュリティが強化されて、社外の人間が入りづらいシステムになりつつあるところもあります。そこで、外部に取引先との共有スペースを求め、レンタル会・・・

ビジネス外レンタル

会議室というと、ビジネスシーンでの利用がまず頭に思い浮かぶと思いますが、実はビジネス以外の使い方も歓迎しています。レンタル会議室には大きさがさまざまありますので、用途によっていろいろなシーンに活用することが可能です。たとえば学校入試や企業入社試験会場、あるいは資格試験会場とし・・・